本文へスキップ

新築住宅建築の標準仕様

電話でのお問い合わせは0779-65-7600

〒912-0021 福井県大野市中野3-8-1

新築標準仕様(構造)standard specification


お客様の描くマイホーム像を理想のカタチで実現するため、雪国仕様の強度と自由度の高い日本古来の『軸組み工法』と耐震、耐火と断熱性に優れた『枠組み壁工法』。
この2つの優れた工法をご用意しています。
お客様にとって最適な工法をお選びいただけます。

基礎部


地盤調査 地盤調査の主目的は、地盤が構造物を安全に支持できるか調べる事です。
見た目だけでは分からない地盤の強さが数値として把握できます。
あまや製材ではスウェーデン式サウンディング試験を採用しています。
地盤改良 調査結果により必要があれば適切な地盤改良工事を行います。
エコジオ工法  砕石地盤改良(土壌汚染の影響が少ない)
表層改良  軟弱地盤が浅い場合に採用(六価クロム低減材使用)
柱状改良  改良後の地盤強度を長期維持(六価クロム低減材使用)
鋼管杭  支持地盤に直接杭を施工する(コストは大きい)
ベタ基礎 コンクリート工事はやり替えがしにくい工事の為、十分なチェックが必要です。
地縄張・やり方 基礎の配置、基礎の天端高さを現場に示します。
砕石転圧  砕石を基礎下に敷き、地盤を締め固めます。
防湿シート敷  湿気の流入を防止するビニールシートを敷く。
捨てコンクリート  墨出し用の捨てコンクリートを施工します。
鉄筋組  組立鉄筋工法(日本建築センター認定)現場での鉄筋組作業を減らすため一部プレ筋を採用
底盤スラブ  根入れ150o
スラブ厚150o・スラブ筋D13間隔200o
立上り部分  地盤面から高さ430o・幅150o
主筋径D16・縦筋D10間隔200o


木部


<軸組み工法>
福井県高耐震基準による所要耐力壁の量(最深積雪量2m)を標準採用。
長期優良住宅の場合は、耐震等級2を採用致します。

樹種 等級 サイズ
土台 桧-乾燥材 KD 4寸角
大引 桧-乾燥材 KD 90×90
通柱 桧-乾燥材 KD 5寸角
管柱 杉-集成 E65-F255 4寸角
1F桁・梁 赤松-集成 E105-F300 120×240程度
2F桁・梁 赤松-集成 E105-F300 120×210程度
母屋・小屋束 米松-乾燥材 KD 120×120
耐力壁 筋交い+耐力面材
筋交い 米松-乾燥材 KD 45×105
耐力面材 ダイライト MS 9o厚
床組 根太レス剛床
1F床合板 針葉樹 構造用 24o厚 プレカット
2F床合板 針葉樹 構造用 24o厚 プレカット
小屋組 垂木間隔303o(軒先込垂木補強151.5o)
屋根垂木 米松-乾燥材 KD 45×60
野地合板 針葉樹 構造用 12o厚 プレカット


上棟立会


建方完了後、現場状況の分かる時点で、お施主様と上棟立会確認打合せを行います。

立会者:設計担当、現場担当、給排水業者、電気業者