平屋16坪の家 中間検査を受けました

令和元年11月13日 平屋16坪の家の中間検査を受けました。

ここでの中間検査は瑕疵保障による躯体検査となります。

平屋で二階に昇る必要も無く、検査にはそれ程時間がかかりませんでした。

但し、小屋梁のスパンがニ間(3640㎜)を超える4095㎜の為、小屋梁材のせい(高さ)が

390㎜であり、玄関部の化粧梁が450㎜でしたので、検査員の方は驚かれていました。

 

 

 

上棟立会の打合せ記録

中間検査に先駆けて、11月7日に上棟立会も完了済みです

設備工事では、断熱を欠損しない配管施工方法・洗濯機の種類による洗濯パンの選定方法等を

電気工事では、メーター、アンテナ、分電盤位置の確認・設置エアコン品番等の確認を行いました。

また、天井高さ・造作追加・手摺下地位置等の確認も行いました。

打合せした内容は速やかに記録に残し、施主様・建設会社・協力会社で共有し

意思統一を図ることはその後のトラブルを防ぐ上で、非常に重要です。

私自身、全ての打合せ内容を覚えておくことは不可能ですし、お施主様も同じだと思われます。

ミスは全て防ぐことはできませんが、事前に予防することは可能です。

尚、上棟立会だけでなく、打合せ記録は打合せの都度作成致します。

 

雪の季節の前に

毎年のことになるのですが、11月あたりには雪がいつごろから降るのだろうか?という心配が始まります。

特に、コンクリート工事については、気温が強度に関係します。

今年も、いくつかの土間工事の依頼を頂いたので急ピッチで土間打ちを進めています

現場1は、お施主様のDIYで人工芝を施工されるので、下地整地処理と防草シート敷までを行いました。

現場2は、介護改修の土間打ちを行いました。

現場3は、駐車スペース増設の為、鋤取り・ブロック設置後土間打ち予定です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)