H邸換気扇メンテ報告

他社施工の2005年新築 築14年のH様(実は友人)から
トイレの換気扇からギュイーンとすごい音がします。
このようなメンテナンスも扱ってますか?OKならお願いしたい。
というメールが来ました。
友人の頼みは断れない ということでご自宅へ伺ってきました。

天井クロスが後施工
換気扇は天井埋込型タイプでした。

カバーを外してみると取り外し用のビス穴が天井クロスで隠れていました。
一般的にはクロス施工後に換気扇取付となるのですが、どうやら換気扇の施工を先行したようです。
これではメンテナンスの際、取り外しができません。
また、使用頻度が高い為、内部がほこりでいっぱいでした。

空気が逆流してくる
手をかざしてみると排気のはずがこちら側に風が戻ってきます
これは換気扇内部にある風圧式のシャッターが何かの理由で閉じてしまっているのではないか?
と推測されます。モーターも交換時期と思われるため、新しい換気扇を発注して再度伺うことにしました

換気扇の交換
新しい換気扇が届いたので電気業者さんと再訪しました。
天井クロスをカッター切りして換気扇を取り外してみると、風圧シャッター内部が埃でいっぱいでした。


推測通り、埃が邪魔してシャッター開閉が出来なくなっていました。
新しい換気扇に交換して外部フードに手をかざしてみると排気が微妙な感じがしました。
そこで、外部フードも外してみることにしました

外部フードにも埃が
外部フードを外した途端、埃の塊が噴出してきました。


フード内部メッシュ部分も埃がかなり溜まっており外したフードとダクト内部の掃除を行い
再取り付けすると、全く違う排気量になりました。
水廻り付近には換気扇が集中しており、同じ外壁面のその他のフードが目につきました
せっかくなので一階部分のその他の外部フード(洗面・浴室・キッチン)も取り外し洗浄を行い
フード周りのコーキング再施工を行いました。


トイレ部はやはり使用頻度が高く、埃の付着が多いですが、洗面は意外ときれいでした
浴室はしっけの影響か?汚れが多かったです。
台所は油分が多い為、ぬめりが付いていました。
いずれにせよ、新鮮空気の取入れには換気扇掃除が重要と思われます。

今回は、お施主様(実は友人)も洗浄に参加
ありがとうございました。

関連ページ

換気システム選定

http://amaya-co.jp/column_ventilation-system-selection.html

高気密住宅

http://amaya-co.jp/column_koukimitsujyutaku.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)