耐震等級3の家 地盤改良・配筋検査

令和3年度1棟目 耐震等級3の家の地盤改良と基礎配筋検査が完了しました。

環境にやさしい砕石の地盤改良 エコジオ工法を採用したのでご紹介します

エコジオ工法とは
エコジオ工法は、自然素材の砕石を利用した地盤改良であり、地面を汚染しないため

土地の資産価値を下げないメリットがあります。

施工報告書

杭状に施工しますが杭ではなく改良部以外にも圧力を掛けて上からの荷重を分散させるため

通常の固形杭の様に強固な支持地盤を必要としません。

但し、改良できる深さは地表面から最大5mまでとなり、軟弱地盤が深すぎると施工はできません

地盤総合保証「THE LAND 500」を付保しており、保証期間は引渡し日から10年

改良重機

保証限度額は1事故あたり5000万円となります。

改良業者さんから設計検討書と施工報告書が届きました。

 

配筋検査は3月25日

配筋検査も滞りなく完了しました。

耐震等級計算の為、人通口廻りの配筋が細かく入っています。

第三者検査

維持管理への配慮として基礎を貫通する排水管にはさや管工法が求められます。

将来、配管の手直しをする際にコンクリートを壊さなくても配管の交換がしやすくするためです。

長期優良配管

配筋検査では鉄筋からコンクリート表面までの離れ「かぶり厚」が

大きなチェックポイントとなりますがこちらも 指摘事項無し です。

鉄筋業者さんはこのところ非常に忙しいらしく鉄筋価格が高騰しているそうです。

 

もう少しで建て方です

今回の建て方にはカメラマンによる撮影を予定しています。

通常、あまり見ない建て方の様子を詳しくお伝えできればなと考えています。

構造現場見学が可能となりますので問合せページからお申し込みください

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)