K邸IH交換報告

弊社2005年新築 築14年のK様から連絡があり、IH調理器が動かなくなったので
交換したい旨の連絡がありました。
10年を超えると電気部品はどうしても故障しやすくなります。
住宅の建築の際には建てた後のメンテナンスコストについても考えておく必要があります。
躯体関係については出来るだけメンテナンス費用が掛からないものを考えていきたいです

ご連絡から2日後交換

K様は以前から若し、故障したらどんな機種があるのか?というご相談を頂いておりましたので
あらかじめ、カタログなどにより交換後の機種や機能についての説明致しておりました。
そのかいあり、今回は連絡から2日後に交換となりました。
何事も事前の準備は必要ですね。

 

IHの交換のポイント

一般的なビルトイン型IH調理器の機能部の寸法は同一であり、
変わるのは天板の大きさだけになるので、特殊な器具を使わなければ
交換は比較的容易になります。


今回の所要時間は約二時間程度、夕方伺ったらすでにお料理中でした。
今後もコツコツと励みます。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)