電気式融雪について(木本の家)

5月18日建て方の木本の家ですが、大野市の中でも雪深い地域となります。

施主様の意向により電気式屋根融雪を採用します。

今回は、融雪装置の仕組みなどについてご説明いたします。

融雪装置について

今回採用したものはヒーターの熱源が直接雪に接します。

屋根の上に直接施工するため、紫外線などに対して耐久性の高いテフロンヒーターを使用します。

このテフロンヒーターを特殊アルミテープで固定し、熱を拡散するタイプです。

また、屋根・軒先の形状にあわせて自由に施工可能となります。

施工範囲は、上屋・下屋とも積雪荷重の最も大きい軒先より1.5mの範囲です。

つらら対策施工も行います。

施工順序

1.屋根洗浄し、汚れを取り除く
2.雪止め金具の取付
3.テフロンヒーター取付
4.特殊アルミテープ施工
5.屋根の色に合わせて塗装強度アップ
6.家の中のコントローラ取付 施工完了

 

ホワイトプラン電力とは

北陸電力管内は雪深い地域が多い為、冬だけ利用する融雪専用電力料金が存在し

これをホワイトプラン電力といいます。

融雪に利用するホワイトプラン電力は動力タイプで12月から2月まで通電可能となります。

※雪の多い年等には希望により1ヵ月延長可能

料金の区分は原則2パターン、基本料金が高く1KW当たりの電力料金の安いⅠタイプと

基本料金が安く1KW当たりの電力料金の高いⅡタイプのどちらかを選択することになります。

近年、雪の少ない年が多くなってきたことから、個人的にはⅡタイプをお勧めしています。

ホワイトプラン電力メニューⅠ、Ⅱ(24時間通電型)

区分 単位 料金単価(円)
最初の2カ月(1ヵ月基本料金) 1KW 1,274.40
2カ月を超えた1ヵ月(基本料金) 1KW 475.20
電力量料金 1KW 11.13
最初の2カ月(1ヵ月基本料金) 1KW 432.00
2カ月を超えた1ヵ月(基本料金) 1KW 216.00
電力量料金 1KW 18.57

消費税相当額含む
燃料費調整単価含まず

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)