吹抜けの家中間検査

令和2年5月11日 吹抜けの家中間検査を受けました。

長期優良住宅ですので耐震等級2の構造計算を行っております。

先日、構造計算ソフトを購入しましたので、今後は自社による構造計算が可能となります。

既存住宅の耐震診断ソフトも導入しました。既存住宅の耐震改修に対応できます

 

トラブル発生の対処

今回の中間検査では一部トラブルがありました。

金物手配業者さんの手違いにより、試作段階の計算書による金物図面による手配となり

筋交位置、金物等級等の手直しが必要となったので当初の予定から約一週間、検査日を延期しました。

大工さんへは手直し費用を支払いとして、金物手配業者さんに手直し費用の負担をしていただきました

建築現場ではトラブル発生の可能性はありますので、リカバリーの仕方も大切ですね。

今回は吹抜けもあり、新築住宅において耐震性能は非常に重要と考えています。

開放的な空間にしたいし、耐震性能も良くしたい。何とか両立出来るようがんばります。

吹抜けの家

 

Withコロナ時代

コロナ感染防止対策として弊社においてもオンライン接客の必要性を感じています。

使い勝手の良さそうなズームですがセキュリティー上、少し心配なので別のシステムで検討中です。

6月中にはシステム構築を予定しておりますので、もうしばらくお待ちください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)